私が整体術による手技療法の仕事をはじめた20年前は、家庭にパソコンがある家が少なかったです。
あっても大きいブラウン管のデスクトップに風呂敷をかけて、使わず(使い方がわからず)置物になっていましたね。
情報はテレビ、新聞、チラシ、そして風の便りでした。
平和でした。
それから10年、2006年頃からノートパソコンが主流の時代となり、風呂敷を被った存在感ありのブラウン管のデスクトップが姿を消して行きました。
パソコン教室も増えて、お仕事に、調べ物に、ゲームなどにもどんどん活用され、生活の1部となってきました。

そうなってくるとパソコンからの情報で、目的の商業施設や店舗を探すユーザー様が増えてきます。
しかし、この頃はまだ「ホームページを作る」という行為は、大金を掛けて専門家に依頼して作ってもらうという認識しかありません。
まして千葉県茂原市の田舎でホームページを開設している同業者など殆どありませんでしたので、「ホームページを作らなければいけない」という焦りなど全く無かったように記憶しています。
ところが時代というか、時間というか、1月、2月経過していくうちに、チラシなどの同業者の広告にURL(ホームページアドレス)が記載してある店舗が目に着くようになってきたではありませんか(汗
そして「ITの進歩は日進月歩、4ヶ月経過したら時代が変わる」といわれる時代が到来しました。
私にとって、恐ろしい弱肉強食の時代です!

2007年に、当時大学生だった次女にお願いしてホームページを”なんとか”作ってもらいました。
この頃のホームページ制作は、細かい”タグ”といわれるキーを不思議な配列で並べ、たとえ知識があったとしても、その手間と労力は大変なものであったと、後日専門家から伺いました。
本当に娘に感謝です(涙
そしてその次女が作ってくれたホームページで、本当に患者様がお越しになった時はバンザイするほどうれしかったのと、よからぬ時代になって来たなという複雑な気持が交錯いたしました。

そして2年後の2009年に、ご縁があって東金商工会議所の主催でホームページ制作の教室に参加させて頂くことになりました。
次女が作ってくれた時代と大きく変わり、”タグ”だのphpだのという面倒なものを扱わず、少々の知識と根気で「ホームページを事業主が作る時代」がやってまいりました。ホームページをリニューアルした教材
根気は負けない私です、が少々の知識に対しては大問題アリです。
結局、仕上がって最初の患者様がお越しになったのが、更に2年後の2011年の11月でした。
うれしかったです。

更に更に時代が飛ぶように変わり、と言うか「もう変わりすぎて巡り巡って元に戻ったような気さえする」2016年に、5年間お世話になったホームページをリニューアルいたしました。
時代の要求です。

誤字脱字、読みにくい箇所がありましたら、ご報告ください<(_ _)>