「私は普通に食べると太りやすい体質なので、食べる量はいつも制限しています」。
という方がいらっしゃいます。
「普通に」という量が定かではありませんが、食べるもの全ての量を制限する事がはたして良い事なのでしょうか。
ご存じの方も多いと思いますが、太る原因は量もさることながら、糖質や脂肪など食べる内容にもあるものです。
脂質や糖質の多い物を食べれば、本人の代謝量に比べ摂取したカロリーの方が多いため身体に蓄積されてしまいます。
そのためなのか、お米(炭水化物)を食べないダイエット方が注目されておりました。
お米である炭水化物とは糖質と繊維質からできています。

日本人が昔からお米を沢山食べて来て、他の先進国に比べ肥満が少なく2型糖尿病なども少ないことから、世界中で和食が注目されて来た経緯があります。
但しその当時の和食は、ご飯などの炭水化物が食事量の70%も占めていたそうです。
たしかに多いですね、”おかず”の量が少なかったのです。
昔は食べ物が今ほど豊ではなかったためか、肉や魚など(たんぱく質)が少なかったのでしょう。

炭水化物中(お米)の繊維質は消化されないかわりに便通を促進し、動脈硬化の予防をしてくれます。
糖質はエネルギーとして消費されますが、残りは脂肪としてやはり身体に蓄積されてしまいます。
これはチョコレートなどの糖質と同じです。

しかし私達の身体に適量の糖質は欠かせないのです。
たとえば私達の身体の司令塔である「脳」はこの糖質のみによって育ちます。
「脳」は脂質などを栄養素として取り込む事はできません。
糖質が足りなくなるとエネルギーが不足して、脳・赤血球・神経伝達などの機能を低下させてしまいます。
そうなると、身体は脳に必要な糖質を求めて身体中を探しまわります。
そして、体内組織を作るために大切なアミノ酸を脳の栄養素として吸収し始めます。
自分の身体が自分の身体の必要な栄養素を吸収消費してしまうのです。
アミノ酸はたんぱく質内にあるため、アミノ酸を求めて筋肉の中に蓄えられているたんぱく質を吸収消費してしまいます。

この状態でも自分の体内で起きている事態に気付かず、良かれと思って炭水化物を食べない食生活を続けていくと、身体は徐々に壊されてしまいます。

身体に糖質があれば良いのならチョコレートを食べていればいいの?と質問が来そうですね。
糖質だけでは身体は作られませんし、それでは本来の目的のダイエットとは遠い物になってしまいます。
主食であるお米を取り入れた食事を『良く噛んで食べる』事で満腹感を促し、お米を少し少なめでも良いかもしれません。
そして基礎代謝を上げていきましょう。我が家のキンカンと茂原市民体育館

右の画像は近所の鳥たちに人気の我が家のキンカンです。
8種類ぐらいの鳥が来ます。
今年になって鳩まで来ました、と言うか来てます。
キンカン越しに見える建物は、茂原市民体育館です。