2015茂原市の梅冬本番です、寒さも本格的になってまいりました。

とは言っても、千葉県は昨年に比べ全体的に気温が高く、平年並みの日が続いております。

茂原市はまだ1度も雪が降っておりません、今のところですが!

ここ数年毎年のように雪が降り、寒い冬が続いておりました。

日本海側や山間部の方々には申し訳ございませんが、千葉県人なりにすごく寒い思いをしておりました。

しかし今年は平年並み、「あ~千葉県は楽だ」とつくづく思います。

 画像は2015年1月31日に近所の遊歩道で咲いていた梅です。

 さて、50歳になると何のスイッチが入ってしまうのか、突然襲ってくる肩の痛み、五十肩のお話です。

医学的に原因ははっきり分かっていないようですが、たくさんの「人の身体」に触れさせて頂いている私としては、一応の言い分が構築されました。

やはり「疲労」であると思います。

筋肉疲労と靭帯の疲労があります。

もちろん、その疲労度には個人差があります。

腕(上肢)を良く使うお仕事、手をデスクの前に伸ばしてパソコン作業をするお仕事、腕を全く挙げる事無く運動量の少ない生活の人。

高たんぱく低カロリーの食生活の方、低たんぱく高カロリーの方。

今の時代は食生活で、筋肉量や筋肉疲労度に大きく差がでてくるため、若い身体の50歳とそうでない方がいらっしゃいます。

そして仕事や生活習慣も十人十色、となれば痛みの発症期もちがえば痛みの強弱もちがう筈です。

実際に50歳どころか、六十肩さんが本当に多くなりました。

※筋肉量が多い人は若い、少ない人は要注意、と言うわけではありません。

 大切な予防は柔軟性を維持すること。

食生活は見直す必要があると思います、その上で身の丈なりの運動(ラジオ体操第一を真面目に毎日)をお勧めします。

 もし痛みが発症したら、決して放置せずに医療機関を受診されますように!

ご自分の身の回りの仕事関係の方や、友人、知人が五十肩の先達だとします。

その方達の症状はやはり十人十色なのです。

参考になる意見も十人十色です。

どなたの意見があなたにあてはまるものかわかりませんよ。

意外と症状の軽い人ほど、「五十肩くらい」という感覚で”ひとくくり”にしてしまっています。

「私の時は放っておいたら3ヶ月くらいで治ったよ」と言う意見を鵜のみになさいませんように!!

あなたの心配を心からしてくれていないものです。

長引くと治癒に2年、3年を要した方もいらっしゃいます。

 楽楽屋での五十肩の整体施術は、全身の弛緩をして股関節の可動域を広げます。

発症より早ければ早い程改善された症例がたくさんあります。

  放置なさいませんように  0475-22-7147