現在楽楽屋に通ってくださっている患者様の中で、手首の痛みを感じている方が4名いらっしゃいます。
もちろん手首の痛みの治療だけでお越しになるのではなく、腰痛、肩こり、首の痛み膝・股関節の痛みなどと一緒に施術しております。

手首に於いては日常で器用に動かすため、なかなか回復しません。
首(頸椎神経)の異常も考えられない事もないのですが、3名の方に関してはお仕事やご趣味に原因があることが分かっています(笑

しかし同じ動きをしている人はたくさんいるわけで、限られた少数の方々にだけ痛みが発症しているのも変ですね。

実はわたくしも、2年程前から左手首に痛みを感じております。
茂原市近郊で医療機関を受診しても、きっと何もしてくれないだろうし。
仕事柄仕方がないと考えていたのですが、この際自分の手首の治療をしっかりやってみようと思います。


思い起こせば7年前、左肩の激痛から回復いたしました。

この時は、自分が習った五十肩の整体治療法を全て施したにもかかわらず、一向に良くなりませんでした。
あまりの激痛だったため、『このままではいかん』とオステオパシーなどを取り入れ徹底的に工夫を重ね、家内に手伝ってもらって根治しました。

無論27年前の椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛からの回復もカイロプラクティックのおかげでした。

「自らの痛みを持って人の痛みを知る」この考え方が良いんだか悪いんだかわかりませんが、自分の手首が緩和すれば、また一つ”引き出し”が増えます!手首の痛み、ガングリオン

画像のイボのようなものは、おそらく手首の小指側に発症した痛みに対して、親指側でかばって仕事をしているため、親指の腱が擦れてガングリオンができたものと思われます。
これは痛くないです、わたしの場合はです!

手を使って仕事をしながら手首を治していきましょう!