杉花粉の季節がおちついてきました、しかし桧や稲などのアレルギーのある方はまだまだマスクが手離せませんね。

千葉市緑区からお越しの30歳代の女性の症例です。
花粉による鼻炎の症状は毎年あるのだけど、それとは違うような、鼻づまりや喉の腫れたような感覚が付きまとう。
風邪をひいたのか微熱があり、症状が治まらない。
頭痛になることもあり、長引いてしまう。

最近、このような症状の訴えが多いように感じます。

鼻詰まりが辛く苦しいだけではなく、喉の違和感から頭痛までに進行するのは、近年の症状のように思います。

もしかしたら鼻炎とスマホ首がダブルで襲いかかっているのではないでしょうか!


3月の陽気は不安定でしたね、着ぐるしい冬着にカバンにマスク。
私ならこれだけでギブアップです。
そこにスマホは”首をイジメすぎ”です。

そして「ひたすら垂れてくる鼻水をすう」 この行為はしかたがないのですが、首こりのお手伝いになってしまいます。

さすがに4月、着る物が軽くなってきました。
しかし長くイジメた首こりはなかなか治まりません。

首が硬い状態が続くと、首の脇を通る”迷走神経”の圧迫が続き、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

迷走神経は副交感神経です。

私たちの社会生活では、副交感神経が優位になる時間が大切です。

首のコリは”もみほぐす”と言っても、あまり強くしつこい施術は不快になり、症状が悪化する可能性があります。

全身の整体術とカイロプラクティックによる調整が負担が少なく、持続性も期待できます。

鼻・喉の違和感、頭痛、食欲不振、ご相談ください。 0475-22-7147

茂原市楽楽屋のアスパラ

右の画像は千葉県茂原市の住宅地で家内が育てた8年物のアスパラです!

今年も元気に実りました。