Web vs 悩む昭和親父③

2011年の秋、ホームページと言えるほどではない”ナンチャッテホームページ”ができました。
このWebと言うか、ITと言う世界は日進月歩です。
前回講師から聞いた事をそのまま鵜呑みにしていると、全く違う答えが返って来ます。
「イラッ」として、「だって前回そう言ったじゃないですか」と喰いつくと、「それはその時代の答えです」。
と返って来ます。

この”カタカナ言葉”の意味がいちいちわからない。
何故、ここを操作するとそうなるのか。
ちょっと待ってどうしてそうなるの?
などと、昭和の脳ミソで戦いに挑んでも太刀打ちできません。

しかしこれは自分の商売を左右する世界です、苦手だけどやるしかありません。

「まぁ、よほどの時は専門家に委託するしかないかなぁ」。
という気持ちもありましたが、「出来上がってしまえば通常の業務に戻れるだろう」と勝手に思っておりました。

『ホームページが出来上がってもお客様が見てくれないとはじまらない』のですよね、そこの苦労話は苦労しすぎたので、割愛させていただきます。

2012年頃からホームページによる集客が増えてきました、ありがとうございます。

そして気ままに過ごしていた2014年の暮れに事件が起きたのです。

ホームページは放置してはいけません。茂原市街のハスの花