マスクもヤバイよ

マスク、うっとうしいですね。

私もマスクをしての整体業務はかなり苦しく、通常の3倍くらい疲労する気がします。

千葉県は気温が高くなり、すでに28度位の夏日もありました。

マスクをして施術をしていると、どうしても苦しいため「口呼吸」になりがちです。

顎が上がる感じです。

普段から私が心がけている事なのですが、気が付いたら顎とお腹を引き、姿勢を整えるようにしています。

なかなかいつも注意しきれませんが(汗

そしてマスクの鼻の金具をギュッと折り曲げて鼻周辺のスペースを確保して、鼻で呼吸するようにしています。


「口呼吸」に慣れてしまうと、マスクの下で口がいつも少し開いている状態になります。

そのため口を閉じる筋肉が緩み、それに伴い舌の筋肉「舌筋」が衰えてしまいます。

「舌筋」が衰えた場合のデメリットはとても多く、頭痛・肩こり・顎関節症をはじめ自律神経をも乱してしまいます。

顔が前に行き、背中が丸まった姿勢になり、二重顎にも繋がります。

そして眠る時も口を開けているようになり、無呼吸性症候群など危険な症状をも引き起こします。

「舌筋」が衰えているかチェックする方法や、衰えている場合のストレッチなど、インターネット上にたくさん情報があります。

NHKで過去に放送されたURLを貼っておきます、参考になさってください。。
https://www.nhk.or.jp/shutoken/hirumae/recommend/20191210.html

マスクによって「舌筋」が衰えるなどは、ある意味2次災害です。

マスクをしていなくても加齢と共に「舌筋」は低下していくので、マスク使用時は特に注意が必要です。

次の記事

粋な師匠