食事の味が身体のバロメーター

楽楽屋の患者様で「ご飯が不味く感じるようになる」と施術を受けに見える方がいらっしゃいます。
ご自身の仕事が忙しく、食事の時間も不規則なのだそうです。
それでも白いご飯が大好きで、食事の時間を大切にされています。
食事が何となく喉を通りにくくなると、それが自分の体の不調のサインだと判断されているそうです。

千葉のお米は美味しいですよね!

また、身体の疲労による不調のサインにあまり執着が無く、気が付くと強い頭痛に襲われ、あわてて整体施術を受けに駆け込んで来る方も少なくありません。

『背中の張り感』『腰が重い』などの体調の変化を感じる方と、気付かない方がいます。

この差は年齢やお仕事の内容にもかかわることだと思いますが、気付いたら強い頭痛やギックリ腰ではたまりません!

『背中の張り感』や『腰が重い』などの予告的な身体からのサインをあまり感じない方は、毎日のストレッチや体操をお薦めします。

いつもと同じ動作がしにくくなって来たら、それが身体からの不調のサインかもしれません。


近年では低気圧到来による”低気圧頭痛”などという造語があります。金平糖という名の紫陽花

数年前から手技療法の世界では言われてきたことですが、低気圧の渦中は大気中の空気(酸素)が少ないそうです。

只でさえ凝っている首・肩です、この上酸素不足はきついですね。

低気圧の多い季節です、そして蒸し暑く食欲も低下しがちです。

体調管理を心がけていきましょう!

右の画像は金平糖という名の紫陽花だそうです。

品種改良を専門にしている畑で栽培されました!