Web vs 悩む昭和親父②

思い起こせばちょうど10年前、「次女が来年大学を卒業して1人暮らしをはじめる」という年に、楽楽屋のホームページを作ってくれました。
当時はホームページビルダーというソフトを購入して「タグ」でコツコツと作ってくれました。
今思えば大変だったと思います。
ありがとう!

そして、そのホームページで自分のブログを更新していけるように頼んだのですが、「これがすんげぇむつかしいのです」。
結局私に管理ができないままのホームページが公開され、それでも数名のご新規様がいらして下さったことをハッキリと憶えております。
「インターネットってすごいなぁ!」と痛感いたしました。

「これは習うとしたらどれほどの時間とコストが掛かるのだろう」と思っておりました。

そしてある日、新聞折込の中の小さい広告を家内が見つけ、「これ行ってみたら」と見せてくれました。

『インターネットでガンガン売れる、売り上げアップ講座』
何ともうさんくさいタイトルです。
しかし主催が東金商工会議所ということで信憑性を感じ、説明会に参加しました。

これが後にホームページ制作に係わる講師陣との出会いのきっかけとなり、『正に今日の自分がある』ほどお世話になる出会いでした。
当時、東金商工会議所のご担当の方が”一本の指でしかパソコンの操作ができない”私に声を掛けてくださり、そこから御縁がはじまりました。
講師陣の皆様ならびにNPOの先生、大変お世話になりました。

2009年の秋、画像加工ソフトの練習から講座がスタートしました。茂原市のJR外房線沿いの遊歩道に咲くサボテンの花